出会い系サイトでやっかいな「業者」とは?

出会い系サイトを楽しんでいると絶対に避けては通れないのが「業者」です。

素人の女の子と出会うためには、うまく業者を避けなければなりません。

業者にもいろんな種類があるのですが、最近増えているのが援交デリヘル業者です。

援交デリヘル業者とは、要するに裏風俗の事です。

場合によっては、本番ができるデリヘルもあり、法律に則った届出などをしておらず違法な存在です。

全員がというわけではないのですが、多くの女性が借金の返済などを理由に風俗に流れて、出会い系サイトを利用して、違法な行為と知りながら自分の体を売ってお金を稼いでいるのです。

出会い系サイトを使って売春のお客を探しているのです。

援交デリヘルの手口としては、綺麗な美人の女性の写真をプロフィール写真に使って、メールや掲示板などでセクシーな言葉でたくみに誘いかけ、金銭を要求してきます。

普通の女の子の場合、相手を見極めてから出会おうとするので、すぐに出会おうと誘いかけてくるのは、ほとんどが裏風俗の業者です。

こういった業者の特徴は、出会い系サイト内でのメールや掲示板を使ってすぐに、カカオやLINEのIDを聞いてきて、ラインなどでのやりとりにすぐに移行しようとする事です。

優良な出会い系サイトでは、こういった売春行為を禁止しているため、出会い系サイト内のメールなどのやりとりの中で金銭の要求などをすると監視にひっかかりアカウントが停止されてしまいます。

それを避けるために、業者は出会い系サイト内では露骨な活動をせずに、LINEなどに移行して、直接やりとりをしながら、金銭を要求してくるのです。

もし、あなたがリスクを背負って、お金を払ってでもセックスをしたいというのであれば、こういう裏風俗を利用するというのもありでしょう。

ぶっちゃけ、今すぐセックスできる出会い系サイトというのであれば、いくらでもあります。

でも、多くの出会い系サイトを利用する人は、タダで素人の女の子と会いたいというのが目的のはずです。

なので、こういう業者は避けなければなりません。

出会い系サイトで業者を避ける一番簡単な方法は、すぐにラインやカカオに移行してこようとしてきたり、プロフィール写真にやたらきれいな美人の写真を使っているアカウントとはやり取りをしない事です。

時間とお金の無駄になるだけです。

他にも業者を見分ける方法はたくさんありますので、これから少しずつ書いていきます。